育毛?植毛?ハゲに負けるな!


自毛植毛施術の方法

自毛植毛の方法には現在二つのタイプが主流として見られるようだ。自毛植毛では実績のある「アイランドタワークリニック」の紹介によれば


1)ブロック単位(ストリップ)での移植・植毛

これは従来からあった方法だ。

 ・後頭部の縦1cm×横20cm程度の皮膚を切除し、縫合。

 ・切り取った毛の生えた皮膚から「株」(毛包ごとの毛髪)を1本から4本ごとに切り分ける。これを「グラフト」と呼んでいる。

 ・3本から4本の株からなるグラフトは目立たない部分へ、1本のグラフトは生え際などの目立つ部分へ移植する


2)ダイレクト法による移植・植毛

自毛植毛としては比較的新しい方法で、後頭部の毛髪を毛包ごと吸引し、そのまま薄毛部分に移植するというものだ。

ハンドピースと呼ばれる注射器が大きくなったような機材を使って、頭皮から直接毛包ごと移植部位を採取し、そのまま薄毛部位に移植するらしい。となりの田んぼから1株ごとに苗を引き抜き、こっちの田んぼに移し替えるような感じか。








トップページ
コラム ≫
育毛剤 (シャンプー他) ≫
植毛
  ●人工毛植毛
  ●人工毛植毛のメリット
  ●人工毛のリスク
  ●人工毛植毛体験
  ●自毛植毛
  自毛植毛施術の方法
  ●自毛植毛のメリット
  ●自毛植毛のリスク
  ●ニドークリニック
  ●アイランドタワークリニック
カツラ ≫
育毛サロン ≫
ハゲに負けない金言集 ≫
リンク集 ≫
その他 ≫


必見!育毛ノウハウ