育毛?植毛?ハゲに負けるな!


ハゲという事実がキミをねじ伏せようとしている。屈するな!

ハゲ・薄毛という事実は非常に厳しい現実だ。

ハゲが「生物学的(?)」にも[社会学的(?)」にもハンデキャップであることは本編で述べたとおり。このサイトを訪れるほどの人はおそらく、「ハゲごときで」などと言わず、その厳しい現実と向きあわされているのではないか。ハゲ・薄毛は「試練」である。

30代の半ばを過ぎた今、振り返って言うのであるが、これまでの人生の中で指折りの試練であることは間違いない。私が個人的に恵まれた人生を送っていたからだ、といえないこともない。しかし、『カツラーの秘密』(草思社)で有名な小林信也氏も、著書の中で最大の苦難であったようなことを言っていたと記憶している。大の大人にとっても辛いものは辛いのである。

ハゲるということから、私は世の中にどうにもならないことがあることを事実として肌で知った。今も悩んでいないかというと嘘になるが、ある意味折り合いをつける術(すべ)を身につけることができた。さすがに20代の頃は悩み、苦悩し、もだえ苦しみ育毛や植毛などの経験をし、ひとつの結論を得ることができたと思っている。

その結論というのは、ハゲ・薄毛から逃げるのではなく、その悩みに耐えうる自分を形成することだけが自分を救うということだ。上手に育毛して、ハゲ・薄毛の悩みから開放されればそれに勝ることはないのかもしれない。しかしハゲという事実に負けないためにもがき苦しんで、いろんなことにチャレンジし、努力して初めて、勝ち得たものがあるのだ。

思えば「努力」という言葉とは子供の頃から無縁であった。何となく生きてきて特に不満とかもなく、のんべんだらりと生きてきて、そのまま年老いていくという人生を送ったことであろう。しかしハゲという事実はそうのんびりと生きることを許してはくれなかった。ハゲという事実に負けて負け犬としての自意識の基に生きるのか、という厳しい事実を咽喉元に突きつけられて仕方なく、私は動き始めたのだ。泣きながらだ。

私が何をして何を勝ち得たのかというのは、他の人からすれば大したことではないかもしれない。しかし自分にとって誇りにできることができた、ということが何よりも大きいのだ。

今、目前にハゲという現実の危機に晒されている人にとって大事なことは、髪の毛の生える方法を知ることであろう。何度も言うが、そのことは心底よくわかる。「ハゲに負けない強い心をもて、などと寝ぼけたことを言うな」とお怒りになる気持ちはよくわかっている。しかしこのことは私のたどりついた紛れもない事実なのだ。

ハゲ・育毛に関するサイトは山ほどある。ここでも育毛や植毛に関する情報を紹介しているが、本質的には負けない心を持ってほしいというのが私の主張である。というかそのことだけが、ハゲに対する確実且つ本質的な対症法であるというのが確信だ。ハゲ・育毛という悩みの中で、いろんな情報に接することと思う。もしこのサイトを10代や20代の若い人が見てもらっているのならば、どこか心の隅にこのサイトで読んだことを転がしておいて損はないとそう信じている。

ハゲという事実がキミをねじ伏せようとしている。なされるがままにその事実に蹂躙された人生を送るのか、それとも泣きながらもがき、あがき、その事実から勝ちを得るのか。キミは試されている。屈するな!








トップページ
コラム ≫
育毛剤 (シャンプー他) ≫
植毛 ≫
カツラ ≫
育毛サロン ≫
ハゲに負けない金言集
 ●ハゲという事実がキミを〜
 ●ハゲ・薄毛はもはや〜
 ●差し歯が良くて、カツラの〜
 ●髪は失くしても、それが他の〜
 ●チョンマゲ制度法案を提出せよ
 ●ハゲのせいにするな!
リンク集 ≫
その他 ≫


必見!育毛ノウハウ